マツダ ロードスター 新型、「高性能版の計画はなし」…英メディア

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ ロードスター 新型(北米仕様)
  • マツダ ロードスター 新型(北米仕様)
  • マツダ ロードスター 新型(北米仕様)
  • マツダ ロードスター 新型に高性能版の追加計画は存在しないと伝えた英『Top Gear.com』
マツダが、世界市場に投入を開始した新型『ロードスター』。同車に、高性能版の追加計画は存在しないと、英メディアが伝えている。

これは6月末、英国の『Top Gear.com』が報じたもの。同メディアが新型ロードスターの山本 修弘 主査に、「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」の会場でインタビューし、その内容を掲載している。

同メディアのインタビューの中で、山本主査は、「1.5リットルの130psと2.0リットル(欧米向け)の160ps以外に、新型ロードスターにエンジンを追加する計画はない」と明言したという。

その理由は何か。山本主査は、「パワーやトルクを追い求めることが重要ではない。パワーよりも重要なのは、フィーリング」と話したとのこと。

4世代目モデルにして、究極の「人馬一体」を実現した、と各方面から評価の高い新型ロードスター。今回の主査の発言は、ロードスターをいたずらなパワー競争に陥らせることなく、スポーツカーを自由自在に操る楽しさを重視していく姿勢を示したものと受け取れる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集