【VW クロスポロ 試乗】最新モデルらしい高効率な走り…島崎七生人

試乗記 輸入車
VW クロスポロ
  • VW クロスポロ
  • VW クロスポロ
  • VW クロスポロ
  • VW クロスポロ
  • VW クロスポロ
  • VW クロスポロ
  • VW クロスポロ
  • VW クロスポロ
最新モデルの全高は標準の『ポロ』+30mm。そこまでの差はないと思われるが、キッチリと着座位置が高いのがわかる。が、それ以外に標準車から失ったものはなく、実用に徹したコンパクトカーであるのがこの『クロスポロ』だ。

まず走りがいい。4気筒の1.2リットルターボと7速DSGのコンビは手慣れたもので、街中の出足でもスーッと軽やかにスピードを乗せていく。通常の運転では効率前提か日本車のように低回転でシフトアップしていくのも特徴。状況が許せばアイドリングストップも効かす。100km/hは7速で2100rpmほど。

乗り心地のよさもベース車と同等。スタイル重視の17インチタイヤながら、基本的にしなやかなほどで、大きめの入力があってもダンパーがしっかりとそれを受け止め、タイヤのバタつきを感じさせない。

身体をキチンと受け止めるシート、アッパーフェイシアをソフトに仕上げたインパネなど、室内の造り、機能性も納得がいく。強いて挙げれば、空調ファンの表示が定規の1mmの目盛りのように細かく見にくいこと、リモコンミラーの調整ダイヤルの取り付け方に無理があること、くらいか。

カタログ燃費は車重の差もありベース車(22.2km/リットル)に僅かに差がつく21.9km/リットル。今回の試乗では17.0km/リットルほどを確認した。が、これは街中、高速走行を始め、箱根・伊豆方面の山道を駆け抜けたシーンも含めての数値。最近のVW車エンジンの傾向として、高速道路を一気に走るようなケースでは、カタログ燃費同等かそれを超える数字になるはずだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》
【画像】【VW クロスポロ 試乗】最新モデルらしい高効率な走り…島崎七生人(10枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース