【鈴鹿 サウンド・オブ・エンジン】パガーニ、2台の超高級スーパーカーが競演[写真蔵]

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
鈴鹿 サウンド・オブ・エンジンで展示されたパガーニ『ウアイラ』
  • 鈴鹿 サウンド・オブ・エンジンで展示されたパガーニ『ウアイラ』
  • 鈴鹿 サウンド・オブ・エンジンで展示されたパガーニ『ウアイラ』
  • 鈴鹿 サウンド・オブ・エンジンで展示されたパガーニ『ウアイラ』
  • 鈴鹿 サウンド・オブ・エンジンで展示されたパガーニ『ウアイラ』
  • 鈴鹿 サウンド・オブ・エンジンで展示されたパガーニ『ウアイラ』
  • 鈴鹿 サウンド・オブ・エンジンで展示されたパガーニ『ウアイラ』
  • 鈴鹿 サウンド・オブ・エンジンで展示されたパガーニ『ウアイラ』
  • 鈴鹿 サウンド・オブ・エンジンで展示されたパガーニ『ウアイラ』
5月24日から25日にかけて、三重県の鈴鹿サーキットで「鈴鹿サウンド・オブ・エンジン」が開催された。往年のドライバーやライダー、マシンが一堂に集結するなか、ピットには、パガーニ『ゾンダ レボリューション』と『ウアイラ』が展示されていた。

ゾンダ レボリューションは、イタリアのスーパーカーメーカー、パガーニによる世界限定5台のサーキット専用モデル。15台のみの生産だった「ゾンダR」の正常進化版で、パガーニでは初めてブルー・カーボンファイバーのボディカラーを採用。AMG製の6リットルV12エンジンは、2ペダル6速シーケンシャルトランスミッションと組み合わされ、800ps/730Nmを発揮、0-100km/加速は2.6秒、最高速は350km/hにも達する。

ウアイラは、最高出力700hpと最大トルク1000Nmを発生するAMG製の6リットルツインターボV12エンジンを搭載。センターモノコックはカーボン・チタニウム製で、前後のサブフレームはクローム・モリブデン鋼製を採用した。軽量化に注力した結果、車両重量は1350kgを実現する。
《橋本 隆志》

編集部おすすめのニュース

特集