ロータス、新フラッグシップ「エヴォーラ400」の価格を発表

自動車 ニューモデル 新型車

エヴォーラ400
  • エヴォーラ400
  • エヴォーラ400
  • エヴォーラ400
  • エヴォーラ400
  • エヴォーラ400
  • エヴォーラ400
  • エヴォーラ400
  • エヴォーラ400
ロータスカーズは5月18日、『エヴォーラ400』の世界各国での車両価格を発表。イギリスでは7万2000ポンド、日本円にすると約1320万円となっている。これは各国の税金を含んだもの。

エヴォーラ400は今年のジュネーブショーで公開された、ロータスの新しいフラッグシップモデル。ミッドシップ搭載された3.5リットルV6スーパーチャージャーは最大出力400hp、最大トルク410Nmを発生。ロータス史上もっともパワフルでもっとも速い市販モデルだ。

1320万円という価格はベーシックな状態のものだが、APレーシング製のコンポジットブレーキディスクをはじめLSD、オートエアコン、GPSナビなどの装備を含む。

オプションリストにはAT(2000ポンド)、インテリアトリムのアルカンタラへのアップグレード(2500ポンド)、メタリック塗装(900ポンド)といった項目が並ぶ。

また1250ポンドの「ブラックパック」ではルーフとサイドシル、リアウイングが光沢ブラック塗装、ルーフライニングがダークな色となる。

このほか軽量鍛造ホイールに変更(2000ポンド)、ブレーキキャリパーをイエローもしくはブラックに変更(300ポンド)といったメニューも用意されている。

ロータスカーズを擁するグループ・ロータスのCEO、ジャンマルク・ゲールズは「エヴォーラ400の価格は、非常に高い競争力を持っています。最大のメリットは、他のスポーツカーやスーパーカーでは得られない、比類なきロータスのドライビング体験です」とコメント。

エヴォーラ400のデリバリーはヨーロッパで8月から、アメリカでは12月からの予定。日本市場でのスケジュールは公表されていないが、中国では「2016年初頭になる」とのことだ。
《古庄 速人》

編集部おすすめのニュース

特集