【ホンダ シャトル 発売】開発責任者「車名変更したわけは…」

自動車 ニューモデル 新型車
【ホンダ シャトル 発売】開発責任者「車名変更したわけは…」
  • 【ホンダ シャトル 発売】開発責任者「車名変更したわけは…」
  • ホンダ シャトル ハイブリッド Z
  • ホンダ シャトル ハイブリッド Z
  • ホンダ シャトル ハイブリッド Z
  • ホンダ シャトル ハイブリッド Z
  • ホンダ シャトル開発責任者 本田技術研究所 磯貝尚弘主任研究員
  • ホンダ シャトル ハイブリッド Z
  • ホンダ シャトル ハイブリッド Z
ホンダは5月15日、ステーションワゴンの『シャトル』を発売した。2011年6月に発売した『フィット シャトル』の全面改良モデルだが、今回の改良を機に車名から「フィット」は外した。

新モデルは、フィットなどで展開している1.5リットルのハイブリッド車(HV)と、1.5リットルのガソリン車でラインナップし、消費税込み価格は169万円から約254万円。

車名の変更について開発責任者である本田技術研究所の磯貝尚弘主任研究員は、「先代モデルでは兄弟的に商品化したが、フィットのお客様とシャトルのお客様の価値観が相当違っていることが分かってきた」と説明する。

車名を決めるに当たっては「全国を行脚」して顧客の声などを聴いたという。同じプラットフォームのコンパクト車ではあるものの、ハッチバックとステーションワゴンなので、当然、顧客の求めるところが異なる。価格面でもかなりの差がある。シリーズのように位置付けるよりも「シャトル」と独立させた方が「お客様にも受け入れてもらいやすい」(磯貝氏)と決断したという。   
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集