大阪モノレール、開業25周年の記念列車運行…5月31日

鉄道 企業動向
大阪モノレールは開業25周年の記念イベントを5月から来春にかけて順次実施する。画像は25周年記念のロゴマーク。
  • 大阪モノレールは開業25周年の記念イベントを5月から来春にかけて順次実施する。画像は25周年記念のロゴマーク。
  • まもなく開業25周年を迎える大阪モノレール。5月31日に記念列車が運行される。
大阪高速鉄道(大阪モノレール)は5月31日、「お客様感謝デー」と題し、開業25周年の記念式典と記念列車の運行を実施する。

大阪モノレールは、大阪空港(大阪府豊中市)~門真市間21.2kmの大阪モノレール線と、万博記念公園(吹田市)~彩都西(茨木市)間6.8kmの国際文化公園都市線(彩都線)で構成されるモノレール路線。このうち大阪モノレール線は1990年6月1日、千里中央~南茨木間が開業し、その後順次延伸されて1997年8月22日までに現在の区間が全通した。今年6月1日に千里中央~南茨木間が開業25周年を迎えることから、大阪モノレールは2016年3月頃まで25周年の記念イベントを実施することにした。

5月31日は11時頃から11時30分頃まで、万博記念公園駅で記念式典を実施。その後、11時40分頃から12時40分頃まで記念列車が運行される。記念列車の乗車は事前応募制になっており、120人を募集。5月10日まで25周年記念ウェブサイトで申込みを受け付ける。

このほか、5月7日から31日まで開業25周年のカウントボードを各駅に設置。6月1日から28日まではスタンプラリーを開催する。その後も沿線地域と連携したイベントを順次実施するという。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集