JR東海のリニア、最高速度603km/hを達成

鉄道 企業動向
JR東海は4月21日、山梨リニア実験線で鉄道の有人走行世界記録となる603km/hを達成した
  • JR東海は4月21日、山梨リニア実験線で鉄道の有人走行世界記録となる603km/hを達成した
  • これまで磁気浮上式鉄道の最高速度世界記録は、2003年に旧試験車のMLX01(写真)が記録した581km/h。4月16日の走行試験では9km/h上回り、世界記録を更新したが、21日の試験では603km/hを記録し、最高速度記録を塗り替えた
JR東海は4月21日、山梨リニア実験線(山梨県)で同日午前中に行った走行試験で、過去最高となる603km/hの速度を記録したと発表した。鉄道の有人走行としては世界最速で、16日に達成した世界最高速度590km/hの記録を5日で自ら塗り替えた。

鉄道の有人走行で600km/hを上回ったのは世界で初めて。最高速度603km/hを達成したのは21日の午前10時48分で、600km/h以上で走行した時間は10.8秒、距離は1.8kmだった。

JR東海は「営業線設備の最適設計」を行うためのデータ取得を目的に、550km/hを超える速度域での走行試験を実施しており、16日の午前中には世界最速となる590km/hを記録。2003年12月2日に旧試験車のMLX01形が記録した581km/hを約11年ぶりに更新した。

従来型の鉄車輪式鉄道では、フランスのTGVが2007年4月3日に達成した574.8km/hが最速記録となっている。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース