アウディに革新の炊飯ユニット搭載…A8 5.5「ごはん」日本限定で登場!?

自動車 ニューモデル 新型車
世界最高峰の炊飯テクノロジーを宿したAudi A8 5.5(ごはん)のシルエット。まるでしゃもじのようだ
  • 世界最高峰の炊飯テクノロジーを宿したAudi A8 5.5(ごはん)のシルエット。まるでしゃもじのようだ
  • コンソールを開いた瞬間に拡がる、かつてない純白の輝き
  • 革新の美食テクノロジーを搭載したAudi A8 5.5 衝撃のインテリア
  • 出力コントロールにより細かな炊き加減が選択可能な、タッチ式メニューパネル
  • 洗練されたスタイリングと調和した、革新の美食テクノロジー
  • Audi特製しゃもじ
アウディはエイプリルフールである4月1日、日本の食文化に敬意を表した特別仕様のフラッグシップサルーン『A8 5.5(ごはん)』をデビューさせると発表した。

A8 5.5は、成熟した日本の輸入車市場へ向けて、アウディが満を持して送り出す最高傑作。A8をベースに、世界最高峰のテクノロジーで究極の快適性を追求した。

リヤシートのコンソールボックスには、日本人の米食文化へ敬意を表し、自動車としては世界初となる炊飯器を搭載。A8の435ps/600Nmの比類なきパフォーマンスをベースに、炊飯ユニットを専用設計。羽釜の内部に激しい熱対流を起こすことで、芯からふっくらと、美味しいご飯を炊き上げる。

出力コントロールにより細かな炊き加減が選択可能な、タッチ式メニューパネルを搭載。クラフトマンシップによって磨き上げられた革新的テクノロジーがオーナーひとり一人の好みにご飯を炊き上げる。

また、2990mmのロングホイールベースから生まれる広々とした空間には、高温多湿な日本の気候に最適なイ草の畳シートをスタイリング。日本の風土にあわせた快適性を追求した。

アウディ正規ディーラーでは、4月1日にA8 5.5を問い合わせると、限定モデルを確認してもらう代わりに、エイプリルフール記念品「アウディ特製しゃもじ」を先着でプレゼントする。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集