ヒュンダイ i20 新型にインドで「アクティブ」…SUV派生

自動車 ニューモデル 新型車
ヒュンダイ i20 アクティブ
  • ヒュンダイ i20 アクティブ
  • ヒュンダイ i20 アクティブ
  • ヒュンダイ i20 アクティブ
  • ヒュンダイ i20 アクティブ
  • ヒュンダイ i20 アクティブ
  • ヒュンダイ i20 アクティブ
  • ヒュンダイ i20 アクティブ
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)のインド法人、ヒュンダイモーターインディアは3月17日、新型車の『i20アクティブ』を発表した。

ヒュンダイは2014年8月、インドで『i20エリート』を初公開。i20エリートは、ヒュンダイが同年10月のパリモーターショー14でワールドプレミアした新型『i20』のインド仕様車。インドでは小型プレミアムハッチバックとして販売されるため、従来モデルとの差異化の意味を込めて、「エリート」のサブネームが付く。

今回、インドで発表されたi20アクティブは、i20エリートをベースにした派生モデル。内外装にSUVテイストを盛り込み、アクティブな顧客の取り込みを狙う。

i20アクティブは、i20エリートに対して、スキッドプレート、ルーフレール、サイドモール&クラッディング、丸型フォグランプなどを専用装備した。

エンジンはi20エリートと共通。ガソリンとディーゼルの合計2エンジンを用意された。ガソリンは排気量1.2リットルで、最大出力83ps、最大トルク11.7kgm。ディーゼルは、排気量1.4リットル。最大出力90ps、最大トルク22.5kgmと公表されている。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース