【F1 マレーシアGP】急な大雨にも動じず、ハミルトンが開幕2戦連続ポール…2番手はベッテル

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
開幕2戦連続でポールポジションを獲得したルイス・ハミルトン
  • 開幕2戦連続でポールポジションを獲得したルイス・ハミルトン
  • マレーシアGPの予選トップ3を分け合ったハミルトン(中央)、ベッテル(右)、ロズベルグ(左)
  • メルセデス勢の間に割って入ったセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
  • 予選3番手のニコ・ロズベルグ(メルセデス)
  • 予選開始時には上空に黒い雨雲が
  • 予選Q2とQ3はウエットコンディションに
  • 予選での健闘をたたえ合うハミルトンとベッテル
  • マクラーレン・ホンダでの初レースに臨んだフェルナンド・アロンソ
2015年のF1第2戦マレーシアGPの公式予選が28日、セパン・インターナショナル・サーキットで行なわれ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が2戦連続でポールポジションを勝ち取った。

現地時間の17時00分からセッション開始。上空は黒い雨雲に覆われていたが、Q1では何とかドライコンディションが保たれた。しかしQ2開始直後に大粒の雨が降りだしウエットコンディションに。雨脚は強くなる一方で、上位10台でポールポジションを決めるQ3は予定より30分遅れて開始されることになった。

セッションが開始すると、ウエットコンディションでも速さをみせたのがハミルトン。いち早く1分49秒834を記録しトップに浮上。結局どのライバルも彼のタイムを上回ることが出来ず、通算40回目、2015シーズンでは開幕2戦連続でポールポジションが決定した。2番手には激しいタイムアタック合戦を制したセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が入り、3番手にはニコ・ロズベルグが続いた。今年も開幕から圧倒的な強さを誇っていたメルセデス勢に、雨を味方につけたベッテルがフロントロー(グリッド最前列)の一角を崩す結果となった。

マクラーレン・ホンダは、ジェンソン・バトンが17番手、フェルナンド・アロンソが18番手に終わり、ともにQ2進出を果たすことが出来なかった。

2015 F1第2戦マレーシアGP 公式予選結果
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分49秒834
2.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)1分49秒908
3.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)1分50秒299
4.ダニエル・リチャルド(レッドブル)1分51秒541
5.ダニール・クビアト(レッドブル)1分51秒951
6.マックス・フェルスタッペン(トロ・ロッソ)1分51秒981
7.フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)1分52秒473
8.ロマン・グロージャン(ロータス)1分52秒981
9.バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)1分53秒179
10.マーカス・エリクソン(ザウバー)1分53秒261


17.ジェンソン・バトン(マクラーレン)
18.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集