トヨタ博物館、クラウン60周年記念展を開催…歴代13モデルを展示 4月25日~7月5日

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
クラウン60周年記念展
  • クラウン60周年記念展
  • 初代 トヨペット クラウン(左ハンドル)
  • 2代目 トヨペット クラウン セダン
  • 3代目 クラウン ハードトップ
  • 4代目 クラウン カスタム ワゴン
  • 5代目 クラウン セダン
  • 6代目 クラウン セダン
  • 7代目 クラウン セダン
トヨタ自動車の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)では、4月25日から7月5日まで、「クラウン60周年記念展」を開催する。

記念展では、今年発売60周年を迎えたクラウンの歴史を13台の実車展示で紹介する。クラウンは、国産乗用車としてもっとも歴史が古く、そのクルマづくりは「継承と革新」の歴史であり、顧客ニーズや時代の要請に合わせ、当時の最新技術と装備で、日本の高級車市場を築いてきた。

今回は、クラウンの派生車であるクラウン カスタムと初代マジェスタの初展示を含め、歴史を彩った歴代クラウン13台を展示。歴代クラウンのCM映像放映や、ギャラリーでの「クラウン ポスター展」と併せ、それぞれの時代を振り返る内容としている。あわせて記念展開催中、ライブラリーでは、歴代クラウンのカタログ、関連図書を展示する。

また、4月25日・26日、5月2日から6日には、「ゴールデンウィークイベント」として、走るペーパークラフト「トヨペットクラウンRS-L型」とオリジナル万華鏡づくりを行う。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集