マツダ組織改革、統合制御システム開発本部を新設

自動車 ビジネス 企業動向
マツダ本社
  • マツダ本社
  • マツダ デミオEV(参考画像)
マツダは4月1日付で、統合制御システム開発本部の新設などを含む組織改革を実施すると発表した。

今回の組織改革では、車両システム開発部を部格から本部格とし、統合制御システム開発本部に改称。R&D領域内にある電子制御システムの先行開発機能と車両統合制御の最適化機能を集約し、開発効率の向上を目指す。

また、電気駆動技術の実用化にともない、従来電気駆動システム開発室で担っていた電気駆動開発機能とパワートレイン開発本部で担ってきたエンジンによる駆動開発機能を統合し、より効率的な開発を実現する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集