クラシックメルセデスで初春の奈良をドライブ with 4Kアクションカム[動画]

自動車 ビジネス 国内マーケット
想い出のドライブデートを、4Kのアクションカムでいつまでも
  • 想い出のドライブデートを、4Kのアクションカムでいつまでも
  • 想い出のドライブデートを、4Kのアクションカムでいつまでも
  • 想い出のドライブデートを、4Kのアクションカムでいつまでも
  • 想い出のドライブデートを、4Kのアクションカムでいつまでも
  • 想い出のドライブデートを、4Kのアクションカムでいつまでも
  • 想い出のドライブデートを、4Kのアクションカムでいつまでも
  • 想い出のドライブデートを、4Kのアクションカムでいつまでも
  • 想い出のドライブデートを、4Kのアクションカムでいつまでも
「ドライブで見た景色を残したい」。クルマ好きなら誰もが一度は思ったことのあるこんな願いが、ウェアラブルカメラという新たなカメラカテゴリーが台頭したことで、簡単に叶えられるようになりつつある。

ソニーから発売された新しいアクションカム『FDR-X1000V』は、名刺入れサイズのコンパクトなボディにもかかわらず、市販品としては最高品質クラスの4Kによる撮影を可能にしている。一方で、HDでの録画を選択すれば、従来比およそ3倍の手ブレ補正を加えた動画が撮影できる。つまり、振動によりブレが発生しやすい走行中には手ブレ補正を利かせたHDで、食事や景色などといった旅の思い出は超高精細の4Kで、というようにシーンごとに最適なモードを選ぶことができるのだ。

実際にドライブでFDR-X1000Vを使ってみよう。今回は、最先端のアクションカムとは打って変わって、1969年式のメルセデスベンツ『280SL』で古の都奈良をドライブすることにした。ピニンファリーナの手による美しいボディワークを持つ280SLは、言うまでもなく名車だ。そんなクラシックメルセデスで奈良を走ったなら、きっと素晴らしい映像が撮れることだろう。


◆夫婦でのドライブ、思い出を5つのアクションカムで

ドライブに出掛けたのは2月の週末、よく晴れた絶好のオープンカー日和だ。キーを回すと、小気味よい直6サウンドが控えめに鳴り響く。細身のステアリングを握りしめ、いざ出発。

アクションカムは合計5つ用意した。ダッシュボードから正面を捉えるものが1つ、助手席のバイザーから運転席を写すものが1つ、運転席の後部から車窓を抑えるものが1つ、座席後ろからダッシュボードを捉えるものが1つ。そして、最後の1つはアクションモノポッドに取り付け、助手席の妻に渡す。

ドライブスタートと同時に早速ワインディングが。曲がりくねった道を次々とパスしていき、高速道路へと入る。昔ながらのサスペンションは路面の変化を如実に伝えるが、手ブレ補正の効果は抜群で、出来上がった動画ではほとんどブレも気にならない。クラッシクカーと言えど、高速道路では現代のクルマに混じって快調な走りを見せる。オープンなので風切り音が気になるところだが、風切りノイズを低減させる機能も搭載されている。ちなみに、防滴仕様なので、ちょっとした雨ならまったく問題ない。

5台用意したアクションカムだが、どこに装着するかを考えるのは悩ましくもあり楽しくもある。専用アタッチメントが豊富にあるため、実に様々な場所に取り付けられるのだ。複数のカメラを同時に使用するのは大変なように思われるが、腕時計型のライブビューリモコンで最大5台まで同時接続と一括操作が可能なので、想像以上に簡単だ。

昼食は奈良中心部にある老舗で、和食ランチをとることに。手軽に持ち運べるアクションカムはここでも大活躍だ。目でも楽しめる素敵なランチを、見た時のリアリティをそのままに4Kで動画に残す。彩り豊かな和食は、4Kで撮影するのに最適な素材かもしれない。

昼食を済ませた後は、今回のドライブのハイライトでもある若草山を目指す。奈良の趣きある街並みを横目に、タイトな山道を抜けていく。オープンカーならではの風を切って走る爽快感を伝えられるのは、4Kのアクションカムならではかもしれない。

山頂に着くと、いよいよドライブはクライマックスだ。駐車場にクルマをとめ、アクションモノポッドに装着したアクションカムを手に山頂を目指す。しばらく歩くと、ついに若草山山頂へ。そこには奈良市街を一望できる最高の景色が待っていた。広角に撮影された動画は、実際に目にしたダイナミックな臨場感を十二分に伝えてくれる。最後に景色をバックに記念撮影。もちろんアクションカムを使う。


◆あの日の思い出をいつまでも

今回使用したFDR-X1000Vの特徴は、なんといっても4Kによる超高精細動画が撮影できることだが、もちろんそれだけではなく、強力な手ブレ補正や風切りノイズ低減など、ドライブを撮影する際に便利な機能がそろっていることも嬉しい。加えて、ループ録画もできるからちょっとしたドライブレコーダーとしても使えるという“裏ワザ”もある。記録した映像は、GPS機能で、ドライブコースや速度も映像と一緒に表示できる。

どんなに美しいものでも、いつかは過去のものとなる。1960年代には誰もが憧れた280SLも、今ではクラシックカーだ。けれども、本当に素晴らしいものはいつまでも色褪せない。それは思い出だって同じこと。あの日の美しい思い出をいつまでも。4Kのアクションカムなら、それができる。





■ソニー アクションカムFDR-X1000V

ソニー アクションカムFDR-X1000Vは、4K30p、100Mbpsの高ビットレート撮影にも対応した最新モデル。アクティブなシーンでも高精細な映像が撮影できるよう最適化しているほか、手ブレ補正もさらに進化。レジャーからスポーツシーンまで、迫力のある動画が撮影可能だ。

URL
http://www.sony.jp/actioncam/douga/
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集