JR西日本の茨木駅リニューアル工事、3月16日着工

JR西日本は3月3日、東海道本線(JR京都線)の茨木駅(大阪府茨木市)の駅舎デザインが決まったと発表した。3月16日からリニューアル工事に着手する。

鉄道 企業動向
茨木駅は3月16日からリニューアル工事に着手する。画像はこのほど発表された茨木駅舎のデザイン。2018年春の工事終了を目指す。
  • 茨木駅は3月16日からリニューアル工事に着手する。画像はこのほど発表された茨木駅舎のデザイン。2018年春の工事終了を目指す。
JR西日本は3月3日、東海道本線(JR京都線)の茨木駅(大阪府茨木市)の駅舎デザインが決まったと発表した。3月16日からリニューアル工事に着手する。

同社によると、駅舎のデザインは「市内に多く見られる自然という要素」を取り入れるとともに、自然採光や通風の利用によって「明るく快適な駅」を目指す。また、各ホームには計5基のエスカレーターを設置。約1100平方mの店舗開発やトイレの改修なども行う。

一方、茨木市は茨木駅の近くに立命館大学の新キャンパスが開設されるのにあわせ、同駅東口デッキや歩行者専用道の整備を進めている。東口デッキは3月29日の11時30分から使用を開始し、これに伴い東口北階段の使用を工事終了まで停止する。

エスカレーターは2017年春の使用開始を予定。2018年春の工事終了を目指す。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集