【ジュネーブモーターショー15】MINI クロスオーバー に「パークレーン」…上質な特別モデル

自動車 ニューモデル モーターショー

MINI カントリーマン(クロスオーバー)パークレーン
  • MINI カントリーマン(クロスオーバー)パークレーン
  • MINI カントリーマン(クロスオーバー)パークレーン
  • MINI カントリーマン(クロスオーバー)パークレーン
  • MINI カントリーマン(クロスオーバー)パークレーン
  • MINI カントリーマン(クロスオーバー)パークレーン
  • MINI カントリーマン(クロスオーバー)パークレーン
  • MINI カントリーマン(クロスオーバー)パークレーン
  • MINI カントリーマン(クロスオーバー)パークレーン
BMWグループのMINIは3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、MINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』)の「パークレーン」を初公開した。

同車は、MINIクロスオーバーをベースにした特別モデル。車名のパークレーンとは、英国ロンドンの地名。MINIが市販車にパークレーンの名前を冠したのは、1987年、2005年に次いで、今回が3度目となる。

ボディカラーは、「アールグレー」と命名された専用のグレーで塗装。ルーフやドアミラーカバーは、「オークレッド」で仕上げた。18インチのアルミホイールは、ダークグレーで、ターボファン形状が特徴。オプションで、ボンネットやテールゲートに、スポーツストライプが添えられた。

室内は、ダッシュボードやドアトリムに、シルバートリムをアクセントとして採用。センターコンソール両サイドは、クロスストライプグレー仕上げに。このセンターコンソールやドアトリムは、カーボンブラック仕上げとした。

パークレーンは英国では、7月に発売される予定。エンジンは、ガソリン3、ディーゼル3の合計6ユニットから選択できる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集