秩父鉄道、SL『パレオ』運行に先立ちC58見学会…3月14日

鉄道 企業動向
SL列車『パレオエクスプレス』は3月21日から運行を開始する予定。それに先立ち3月14日にけん引機(C58 363)の見学会が行われる。
  • SL列車『パレオエクスプレス』は3月21日から運行を開始する予定。それに先立ち3月14日にけん引機(C58 363)の見学会が行われる。
  • 今シーズンの『パレオエクスプレス』は3月21日から12月上旬まで計110間運行される予定。
秩父鉄道は3月14日、SL列車『パレオエクスプレス』のけん引機・C58形蒸気機関車(C58 363)の見学会を広瀬川原車両基地(埼玉県熊谷市、ひろせ野鳥の森駅から徒歩15分)で開催する。

今シーズンの『パレオエクスプレス』運行開始に先がけたイベントで、C58 363のみ展示。貨車や客車は連結しない。開催時間は第一部が11~12時、第ニ部が13時~14時30分になる。

第一部は20組40人限定の事前申込制となっており、運転台見学と撮影会が行われる。申込みは秩父鉄道ウェブサイトの専用フォームで、3月4日23時59分まで受け付ける。一方、第二部は参加自由の撮影会だが、運転台に入ることはできない。

今シーズンの『パレオエクスプレス』は3月21日から12月上旬まで、土曜・休日を中心に計110日間運行される予定だ。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集