東京R&D、FC EXPOに初出展…FCV開発に向けた実例を紹介

自動車 ビジネス 企業動向
第11回 国際水素・燃料電池展(FC EXPO 2015)
  • 第11回 国際水素・燃料電池展(FC EXPO 2015)
東京R&Dは、2月25日から27日まで、東京ビッグサイトで開催される「第11回 国際水素・燃料電池展(FC EXPO 2015)」に、グループ会社のピューズ、東京R&Dコンポジット工業、東京R&D太陽光発電および技術提携企業プトポッドと共同で初出展する。

FC EXPOは、水素・燃料電池の研究開発、製造に必要なあらゆる技術、部品・材料、装置、および燃料電池システムが一堂に出展する国際商談展。東京R&Dは、これまで30年間に蓄積した電気自動車開発のノウハウをもとに、燃料電池自動車開発へ向けた業務の拡大を目指し、これまでの各種車両開発の実例を紹介する。

グループ会社のヒューズは、同時開催の「第6回 国際二次電池展~バッテリージャパン~」に、電気自動車/燃料電池自動車用リチウムイオン電池パック、BMS(バッテリーマネイジメントシステム)、絶縁劣化検出センサー、モーター・インバータを展示するほか、スイス・BRUSA社製燃料電池自動車用パワーボックスを紹介する。

東京R&Dコンポジット工業は、「第3回 国際風力発電展~WIND EXPO 2015~」で風力発電用CFRP(カーボン)製風車を紹介。東京R&D太陽光発電は「第8回 国際太陽電池展~PV EXPO2015~」に合わせ、北海道・千歳市で建設中の太陽光発電事業を紹介する。また、アプトポッドは、燃料電池自動車にも対応するM2M/IoT高速データ処理クラウド「Visual M2M」をデモンストレーションする。
《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース