阪神本線武庫川~甲子園間、下り線が高架化…3月14日

鉄道 企業動向
阪神本線武庫川~甲子園間の高架化の手順。今回は第4段階の下り線高架化が行われる。上り線の高架化は2016年度の予定。
  • 阪神本線武庫川~甲子園間の高架化の手順。今回は第4段階の下り線高架化が行われる。上り線の高架化は2016年度の予定。
  • 武庫川~甲子園間の高架化が完了すると、6カ所の踏切が解消される。
阪神電気鉄道は2月17日、阪神本線西宮市内連続立体交差事業の鳴尾工区について、武庫川~甲子園間の下り線を3月14日の初発から高架に切り替えると発表した。

鳴尾工区は武庫川駅から甲子園駅まで約1.87kmの線路を高架化するもの。中間の鳴尾駅が高架駅になるほか、6カ所の踏切が解消される。総事業費は約297億円で、2003年の都市計画決定・事業認可を経て2009年から工事に着手している。

仮線への切替は上下線とも2012年10月までに完了し、このほど下り線の高架切替が実施されることになった。上り線の高架切替は2016年度の予定。2018年度には側道の整備などを含む全ての事業が完了する予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 阪神甲子園駅、下り線ホームも3月14日に拡幅 画像 阪神甲子園駅、下り線ホームも3月14日に拡幅
  • 阪神甲子園駅、上り線ホーム2月21日に拡幅 画像 阪神甲子園駅、上り線ホーム2月21日に拡幅
  • 阪神、梅田駅の改良工事に着手…ホーム幅を拡大 画像 阪神、梅田駅の改良工事に着手…ホーム幅を拡大
  • 名鉄、知立駅ホームを一部仮設化…高架化工事の一環 画像 名鉄、知立駅ホームを一部仮設化…高架化工事の一環

特集