名鉄、知立駅ホームを一部仮設化…高架化工事の一環

鉄道 企業動向
名鉄知立駅は2月28日から2・3番線ホームが仮設ホームに切り替えられる。同駅付近の高架化工事の一環。
  • 名鉄知立駅は2月28日から2・3番線ホームが仮設ホームに切り替えられる。同駅付近の高架化工事の一環。
名古屋鉄道(名鉄)は2月9日、知立駅(愛知県知立駅)付近で実施している連続立体交差事業(連立事業)の高架化工事に伴い、2月28日から同駅のホームなどを仮線に切り替えると発表した。

知立駅付近の連立事業は、名古屋本線の刈谷市一ツ木町五丁目~知立市内幸町加藤間の約1.6kmと、三河線の知立市山町北引馬野~池端一丁目~東上重原四丁目間の約2.7kmを高架線に切り替えるもの。2010年から工事が行われており、完成すれば10カ所の踏切が解消される。

今回は知立駅の2・3番線ホームが仮設のホームに切り替わる。これにあわせて南改札口の使用を開始するほか、北改札口と各ホームを結ぶ地下道のうち2・3番線への地下道を閉鎖する。4・5番線ホームと6番線ホーム、北改札口と4・5番線への地下道は変更しない。

これに伴い、三河線では2月28日にダイヤ改正を実施。一部の列車の発着時刻が変更される。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集