トヨタの今季スーパーフォーミュラ陣容…一貴や可夢偉を含む強力ラインアップ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

トヨタの今季SF参戦ドライバー陣。右最前列は国本。
  • トヨタの今季SF参戦ドライバー陣。右最前列は国本。
  • 今季のSF、中嶋一貴はチャンピオンナンバー「1」を纏う。
  • MEGA WEBで開催されたトヨタの今季モータースポーツ活動発表会。
  • 左から中嶋一貴、ロシター、平川亮。
  • 日本のトップシリーズには初参戦となる小林可夢偉(写真は昨年12月のSF岡山テスト)。
  • 2014年のSFはTOYOTA勢が優位を築いたシーズンだった。
  • 2014年のシリーズチャンピオンを獲得した中嶋一貴(右はTOM'Sの舘信秀監督)。
  • 王者TOM'Sは今季もロッテラー&中嶋一貴の強力布陣(写真は14年シーズンのロッテラー)。
トヨタは30日、2015年シーズンのモータースポーツ活動発表会を開催し、国内外の各参戦カテゴリーにおける今季体制を公表。国内最高峰フォーミュラである「全日本選手権スーパーフォーミュラ」(SF)には、6チーム10台が参戦する。

SFのシャシーは全チームが昨季導入された「SF14」で、タイヤは全車ブリヂストン。エンジンは直噴2000ccの直4ターボで、トヨタとホンダの競合となっている。

トヨタエンジン搭載チームの今季SF参戦陣容は下記の通り。2012&14年チャンピオンの中嶋一貴をはじめ、今季も強力な布陣を形成している(カッコ内はチーム名)。

#1 中嶋一貴(TOM’S)
#2 アンドレ・ロッテラー(TOM’S)
#3 ジェームス・ロシター(KONDO)
#7 平川亮(Team LeMans)
#8 小林可夢偉(Team LeMans)
#18 中山雄一(KCMG)
#19 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(IMPUL)
#20 アンドレア・カルダレッリ(IMPUL)
#38 石浦宏明(CERUMO・INGING)
#39 国本雄資(CERUMO・INGING)

チャンピオン経験者は、一貴以外にもロッテラー(11年)とオリベイラ(10年)がいる。王者以外では、F1から転身してきた小林可夢偉はもちろん、近年はSFにおいてスーパーサブ的な活躍を演じていた若手気鋭カルダレッリが名門インパルのレギュラーシートを獲得してどんな活躍を演じるか、これも注目されるところだ。

また、今季でSF参戦3年目を迎える若手有望株・平川が可夢偉と同じチームで組むことになった点も実に面白い。そして当然ながら、F1レギュラー経験者同士、一貴VS可夢偉の構図にもファンの熱視線が注がれることだろう。

日本一速い男の座をかけて戦うSFの15年シーズンは、4月19日決勝の鈴鹿戦で開幕、全7戦が予定されている。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集