【デトロイトモーターショー15】ビュイック カスケーダ…オペルのコンバーチブル北米へ[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

ビュイック 新型カスケーダ(デトロイトモーターショー15)
  • ビュイック 新型カスケーダ(デトロイトモーターショー15)
  • ビュイック 新型カスケーダ(デトロイトモーターショー15)
  • ビュイック 新型カスケーダ(デトロイトモーターショー15)
  • ビュイック 新型カスケーダ(デトロイトモーターショー15)
  • ビュイック 新型カスケーダ(デトロイトモーターショー15)
  • ビュイック 新型カスケーダ(デトロイトモーターショー15)
  • ビュイック 新型カスケーダ(デトロイトモーターショー15)
  • ビュイック 新型カスケーダ(デトロイトモーターショー15)
GMの高級車ブランド、ビュイックは2015年1月12日、ビュイック『カスケーダ』をデトロイトモーターショー15にて初公開した。

カスケーダは、GMの欧州部門のオペルが2012年に発表し、2013年に欧州市場へ投入した新型オープンカー。オペルのラインナップでは、『アストラ』と『インシグニア』の間に位置付けられる。車名のカスケーダとは、スペイン語の「滝」に由来。

米国仕様のカスケーダには、ダウンサイジングの1.6リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。最大出力200hp、最大トルク28.6kgmを引き出す。オーバーブースト時には、最大トルクは30.6kgmに向上する。なお、カスケーダは2016年モデルとして、米国で発売される予定。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集