【マツダ CX-3 プロトタイプ 公開】空間造形と質感にこだわり…インテリア[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ CX-3 プロトタイプ(XD ツーリング)
  • マツダ CX-3 プロトタイプ(XD ツーリング)
  • マツダ CX-3 プロトタイプ
  • マツダ CX-3 プロトタイプ(XD ツーリング)
  • マツダ CX-3 プロトタイプ(XD ツーリング)
  • マツダ CX-3 プロトタイプ(XD ツーリング)
  • マツダ CX-3 プロトタイプ(XD ツーリング)
  • マツダ CX-3 プロトタイプ(XD ツーリング)
  • マツダ CX-3 プロトタイプ(XD ツーリング)
マツダは新型『CX-3』のプロトタイプモデルを公開し、2月下旬より販売開始すると発表した。インテリアは、包み込むようなキャラクターと高めのベルトラインによる、エクステリアとの繋がりを感じさせる造形で、包まれ感を演出している。

コクピット周りでは、マツダ独自のHMIコンセプト「Heads-Up Cockpit」に基づき、ドライバーを中心にメーターやディスプレイ、コマンダーコントロールなどを配置。「XD ツーリング」「XD ツーリング Lパッケージ」では、成形ステッチを取り入れた表皮巻の専用デザインメーターフードを採用し質感を高めている。助手席側では、横方向への広がりを強調するデコレーションパネルに、ステッチを施した合皮表皮を採用した。

ドアトリムには前後ともに上方へ向かうキャラクターラインを採用し、インストルメントルメントルパネルからの流れが後方に向かって加速するダイナミックな動きを表現。インナーハンドベゼルは、金属の削り出しのようなイメージでシャープな造形とし、パワーウインドースイッチベゼルは、革質感を表現した樹脂パネルでドアトリムの側面から上面を巻き込むような仕上がりにするなど、細かい造り込みにこだわった。

前席のアイポイントは1250mmに設定し視認性を高めた。また、1360mmのショルダールーム、690mmの左右席間距離、1058mmのレッグルームを提供する。一方、後席は着座位置を25mm内側に寄せ、37mm高く設定、前方を見えやすくすると共に、対角線上の乗員同士が会話しやすいレイアウトとしている。

荷室スペースは幅1000mm、前後長780mm、容量350リットル(定員乗車時)。積載状況に応じて上下の位置を変えられる「2Wayカーゴボード」を採用しているため、フレキシブルに使用することが可能だ。後席の6:4分割可倒式シートバックを倒し、長反物を積むこともできる。

先進安全技術「i-ACTIVSENSE」や、カーコネクティビティシステム「マツダコネクト」も搭載。日本仕様のナビゲーションには国内メーカーのシステムが採用される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集