アウディジャパン、2014年は3万台超を販売…大喜多社長「今年も満足度上げる」

自動車 ビジネス 企業動向

アウディジャパンは14日、2014年暦年の販売実績を明らかにした。新車登録台数は同社として初の3万台超を達成して過去最高を記録。認定中古車も9000台を超えるなど、好調だったという。

アウディジャパン大喜多寛社長は、「2014年は新車の登録台数が3万1413台に、認定中古車の販売台数が9275台となった」と紹介。日本国内で新車登録台数が3万台を超えた輸入車メーカーの出現は19年ぶりで、フォルクスワーゲン、メルセデスベンツ、BMW、オペルに続く5メーカー目となった。

新車の登録台数は42か月連続で前年同月を上回っており、昨年4月の消費増税による影響もほとんど受けなかったようだ。好調の要因としては、昨年導入された『A3セダン』が支持されたこと、SUVモデルの『Q3』と『Q5』の販売が好調だったこと、さらにハイエンドモデル『A8』も順調に推移した。

2015年アウディは、デザインアイコンでもある『TT』新型を導入する。この他にも、5車種のマイナーチェンジモデルの導入を予定している。大喜多社長は「今年も顧客満足度を上げる施策を採り入れていきたい」と抱負を話した。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集