【デトロイトモーターショー15】ホンダ 、「VTEC ターボ」を米国向け市販車に搭載へ…2015年後半

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダのプレスカンファレンス(デトロイトモーターショー15)
  • ホンダのプレスカンファレンス(デトロイトモーターショー15)
  • 2リットル VTECターボエンジン(資料画像)
  • 2リットルVTECターボを搭載するホンダ・シビック タイプR コンセプト(資料画像)
  • 2リットル VTECターボエンジン
  • 2リットル VTECターボエンジン(資料画像)
ホンダは2015年1月13日、米国で開催中のデトロイトモーターショー15において、「VTECターボ」エンジン搭載車を2015年後半、米国市場に投入する計画を発表した。

ホンダは2013年11月、小型車や中型車に最適な直噴ガソリンターボエンジンとして、VTECターボを新開発した、と発表。走りと燃費を高次元で両立させる新世代パワートレイン技術「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」(アース・ドリームス・テクノロジー)のひとつとして、開発された。

排気量は2.0リットル、1.5リットル、1.0リットルの3種類。2.0と1.5は4気筒、1.0は3気筒になる。ホンダによると、今後グローバルで発売されるモデルの特性や地域ニーズに合わせて、順次適用していくという。

VTECターボの2.0リットル版の最高峰に位置するのが、次期『シビック タイプR』用のユニット。2.0リットル直列4気筒ガソリン「i-VTEC」をターボで過給し、最大出力は、少なくとも280ps以上を発生する。

ホンダは今回、デトロイトモーターショー15において、VTECターボエンジン搭載車を2015年後半、米国市場に投入する計画を発表。米国オハイオ州アナのエンジン工場でVTECターボの4気筒エンジンを組み立て、車種名は公表されていないが、米国で販売されるホンダ車に搭載する予定。ホンダは、「ファン・トゥ・ドライブな性能と燃費性能を、高次元で両立する」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集