【デトロイトモーターショー15】GM ビュイック、アヴニール 発表…最上級サルーンの提案

自動車 ニューモデル 新型車

ビュイック アヴニール(デトロイトモーターショー15)
  • ビュイック アヴニール(デトロイトモーターショー15)
  • ビュイック アヴニール(デトロイトモーターショー15)
  • ビュイック アヴニール(デトロイトモーターショー15)
  • ビュイック(デトロイトモーターショー15)
  • ビュイック アヴニール
  • ビュイック アヴニール
  • ビュイック アヴニール
  • ビュイック アヴニール
米国の自動車最大手、GMの高級車ブランド、ビュイックは2015年1月12日、米国で開幕したデトロイトモーターショー15において、コンセプトカーの『アヴニール』(Avenir)を初公開した。

同車は、ビュイックブランドのフラッグシップサルーンを提案した1台。前衛的なデザインに、新次元の快適性、先進の装備を融合したコンセプトカーとなる。

アヴニールには、ビュイックの最新デザイン言語を導入。フロントグリルの形状などに、最新デザイン言語が反映された。ボディサイズは、全長5195mm、全幅1931mmの堂々の大きさ。

エンジンは、次世代の直噴V型6気筒ガソリンユニットを搭載。トランスミッションは9速AT。パドルシフトで操作を行う。駆動方式は、ツインクラッチの4WD。

室内は、4シーターのレイアウト。厳選した素材をふんだんに使用し、上質な空間を追求した。Wi-Fiホットスポットに対応したオンスターの4G LTEも導入されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集