【東京オートサロン15】ルノー RSシリーズ が勢揃い…似ているようで全く違うその特徴とは

自動車 ニューモデル モーターショー

東京オートサロン15ルノーブース
  • 東京オートサロン15ルノーブース
  • 東京オートサロン15ルノーブース
  • ルノー ルーテシアRSワールドカップbyルノー仕様
  • ルノー ルーテシアRSワールドカップbyルノー仕様
  • ルノー・ジャポン代表取締役社長の大極司氏
  • ルーテシア ルノー・スポール シャシー カップ(東京オートサロン15)
  • メガーヌ RS ルノー・スポール トロフィー(東京オートサロン15)
  • 東京オートサロン2015 ルノー・ジャポン ブース
ルノー・ジャポンは東京オートサロン2015に『メガーヌRS』と『ルーテシアRS』の限定車と、1台のデモンストレーションカーを展示している。

デモンストレーションカーは、「ルーテシアRSシャシーカップをベースにワンメイクレースの“ワールドシリーズbyルノー”(欧州8か国で開催)の“クリオカップ”出場車をイメージしたクルマだ。FUJITSUBOのマフラーにマルケジーニのアロイホイール。そして、クリオカップ仕様のスポイラーとデカールを装着するなど、サーキット仕様を模したものだ」と説明するのは、同社マーケティング部チーフプロダクトマネージャーのフレデリック・ブレンさん。

そして、「ルノースポールの限定車といえば“ジョンシリウス”という黄色のボディカラーがアイコン的な存在だが、そのカラーにレザーシートにシートヒーターなどを採用した『ルーテシアRSジョンプレミアム』(100台限定)」である。

メガーヌRSの限定車はメガーヌトロフィーシリーズで、『メガーヌRSトロフィー』(90台)、『同トロフィーS』(60台)、『同トロフィーR』(60台)だ。同社代表取締役社長の大極司氏は「トロフィーRは、ニュルブルクリンクで市販FF車最速の7分56秒36をたたき出したクルマだ」。そして、東京オートサロンが初お披露目のトロフィーSについては、「ルノー・ジャポンがオリジナルに、日本市場に向けてアレンジした限定車だ」という。

「トロフィーRは左ハンドルの2シーターであるのに対して、トロフィーSは右ハンドルの5シーターだ。従って、家族と一緒に普段使いとして乗ることが可能であり、またいったんサーキットに行けば、トロフィーRに勝るとも劣らないパフォーマンスを発揮するというクルマに仕立て上げた」と説明。「この3つの限定車が揃うのはこのオートサロン初めてで、最後になるだろう」とのことだ。

なお、限定車のメガーヌRSトロフィーシリーズは、1月9日より13日までの先行予約期間で受け付け、申し込み多数の場合は抽選になる予定だ。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集