三菱樹脂と三菱レイヨン、炭素繊維・複合材事業を統合へ…自動車向けなど競争力強化

自動車 ビジネス 企業動向

三菱樹脂と三菱レイヨンは、炭素繊維・複合材料事業の強化を目的に、三菱樹脂のピッチ系炭素繊維事業と三菱レイヨンのPAN系炭素繊維事業を統合することで合意したと発表した。

三菱レイヨンが、三菱樹脂のピッチ系炭素繊維事業を会社分割の方法で移管し、2015年4月1日付でPAN系炭素繊維事業と統合した新組織を発足させる予定。

三菱樹脂と三菱レイヨンは三菱ケミカルホールディングスの傘下の事業会社で、単一のグループとして石炭ピッチ系炭素繊維とPAN系炭素繊維の両方の技術を持つ世界で唯一の炭素繊維メーカー。両社はこれまで、共同マーケティングや技術交流などを通じてグループシナジーを追求してきた。

自動車や航空機を軽量化する材料として炭素繊維・複合材事業は拡大することが見込まれる。このため、三菱ケミカルホールディングスグループとして、世界首位のピッチ系炭素繊維事業に由来する知見をPAN系炭素繊維の領域に応用し、戦略重点分野である自動車や圧力容器、風力発電翼など、産業用途向けのソリューション提案力を強化する。

炭素繊維複合材市場では、ライバルである東レが世界的にシェアを伸ばしていることから、三菱ケミカルグループとしてリソースを集約して対抗していく。

また、グローバルに展開中のPAN系炭素繊維・複合材事業の製造・販売・開発にかかる事業インフラを活用し、ピッチ系炭素繊維事業を強化していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集