【東京オートサロン15】POTENZA新製品「Adrenalin RE003」をお披露目…ストリート向けタイヤ

自動車 ビジネス 国内マーケット

ブリヂストン POTENZA Adrenalin RE003
  • ブリヂストン POTENZA Adrenalin RE003
  • ブリヂストン POTENZA Adrenalin RE003
  • ブリヂストン POTENZA Adrenalin RE003
  • ブリヂストン POTENZA Adrenalin RE003
  • ブリヂストン POTENZA Adrenalin RE003
  • ブリヂストン POTENZA Adrenalin RE003
  • ブリヂストン(東京オートサロン15)
  • ブリヂストン(東京オートサロン15)
ブリヂストンは、1月9日に開幕した「東京オートサロン2015」にて『POTENZA』シリーズ新製品「Adrenalin(アドレナリン) RE003」を展示している。

Adrenalinシリーズは、街乗りの静粛性や快適性を実現しながら、スポーティーな走りも演出してくれるストリート向けタイヤだ。RE001、RE002と順当に進化を続け、9日に最新モデルとなるRE003がリリースされた。

従来モデルと同様に、非対称パターン、パルスグルーブや3つのメインリブなど、排水性や高い操作性、レスポンスを実現する基本構造を踏襲し、コンパウンドやブロック形状などそれぞれに改良が加えられている。

RE003のトレッドパターンを見ると、メイングルーブを波状にして排水性を向上させるパルスグルーブの形状は大きな変更はないが、アウト側のショルダーブロックは、横溝が縦溝まで横断することなく途中で止まっている。ショルダーが横溝で分断されないので、見た目も実際の性能も剛性感が高くなり、広い接地面が確実なトラクションを発生させてくれるという。

またRE003では、15インチと20インチサイズもラインナップに加わり、対応するサイズが30以上(3月発売予定時)となっている。RE002より格段に装着可能車種が広がった。ブースで説明してくれた広報部の長井大輔氏によれば、「新しいコンパウンドやパルスグルーブ形状などにより、ウェット性能も向上させており、スポーツカーだけでなく通常のセダンやミニバンにも使ってほしい」とのことだ。

ストリート向けのタイヤの場合、グリップやハンドリング性能に寄った設計をするため、ウェット性能は犠牲になりがちだが、RE003はラベリング表示のウェット性能でもbランクを取得している。Adrenalinというと、ストリートタイヤだが、雨天や街乗りなど普段使いもオールランドにカバーしてくれるだろう。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集