【デトロイトモーターショー15】セダンでSUV風? ボルボ S60 に初の「クロスカントリー」

自動車 ニューモデル 新型車

ボルボ S60 クロスカントリー
  • ボルボ S60 クロスカントリー
  • ボルボ S60 クロスカントリー
  • ボルボ S60 クロスカントリー
  • ボルボ S60 クロスカントリー
  • ボルボ S60 クロスカントリー
スウェーデンの高級車メーカー、ボルボカーズは2015年1月8日、『S60クロスカントリー』の概要を明らかにした。実車は1月12日、米国で開幕するデトロイトモーターショー14で初公開される。

同車は、ボルボカーズの「クロスカントリー」シリーズの最新作。従来、クロスカントリーは、『V70』や『V40』など、ワゴン&コンパクトカーに用意されてきた。セダンボディでのクロスカントリーは、今回が初めて。

S60クロスカントリーは、ボルボ『S60』がベース。他のクロスカントリー車と同様、車高を65mmアップ。樹脂製のフェンダーエクステンションを追加した。前後バンパーにはスキッドプレート、ボディサイドにはスカッフプレートを装着。足元には、18インチまたは19インチの専用ホイールを履く。SUVおよびクロスオーバー車を思わせる外観が特徴。

北米仕様のエンジンは、伝統の直列5気筒ガソリンで、最大出力250hp。世界市場向けには、ボルボカーズの新世代エンジン、「Drive-E」の直列4気筒エンジンが設定される。

ボルボS60クロスカントリーはデトロイトモーターショー15でワールドプレミアされた後、2015年夏、販売が開始される予定。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集