マレーシア、2015年の自動車販売は3.15%増へ…乗用車需要は好調を維持

エマージング・マーケット 東南アジア

ダイハツ/プロドゥア・アジア
  • ダイハツ/プロドゥア・アジア
フロスト&サリバン(F&S)はマレーシアにおける2015年の新車販売台数が68万5950台となり、前年比3.15%増加すると予想している。

4月の物品・サービス税(GST)導入による影響が不透明であることや、金融機関による自動車ローン申請の認可基準が厳しくなっているが、乗用車への需要は好調を維持するという。

F&Sのシニア・パートナーであるカヴァン・ムクタル氏は、2014年に注文を受けたダイハツ系のプルサハアン・オトモビル・クドゥア(プロドゥア)の『アジア』、プロトン『アイリス』などの納車が自動車販売台数の増加に影響すると予想した。

また、AセグメントあるいはBセグメントの小型車、コンパクトカーなどの大衆車への需要は増えるとの予想を明らかにした。自動車の保有コストが増加することや自動車ローンの認可基準が厳しくなっていることを理由に挙げた。

また、燃料価格の乱高下や生活費の上昇も自動車の所有に影響を与えるという。多目的車(MPV)やスポーツ多目的車(SUV)の売り上げには圧力がかかるとのこと。
千田真理子

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集