【CES15】BMW M4 に最新レーザーライト技術投入…ナビ連携で照射を調整

自動車 ニューモデル モーターショー

BMW M4コンセプトIconic Lights
  • BMW M4コンセプトIconic Lights
  • BMW M4コンセプトIconic Lights
  • BMW M4コンセプトIconic Lights
  • BMW M4コンセプトIconic Lights
  • BMW M4コンセプトIconic Lights
  • BMW M4コンセプトIconic Lights
  • BMW M4コンセプトIconic Lights
ドイツの高級車メーカー、BMWは2015年1月6日、米国ラスベガスで開幕した「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)15」において、『M4コンセプトIconic Lights』を初公開した。

M4コンセプトIconic Lightsは、市販車の『M4クーペ』をベースにしたコンセプトカー。BMWが『i8』に導入した最新ヘッドライトテクノロジーが、「レーザーライト」。その進化形を提示したのが、M4コンセプトIconic Lights。

M4コンセプトIconic Lightsには、「インテリジェント・レーザー・ライティング」を採用。カメラやセンサー、ドライバー・アシスタンス・システムなどと連携可能なレーザーライトとなる。

例えば、ナビゲーションシステムと連携し、道路の進行方向に迫るカーブの前方を照らすことが可能に。最大で100メートル先に存在する人や動物を検知し、ドライバーに警告することもできる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集