【東京オートサロン15】出展小間数と展示スペースが過去最大に…隣接のイオンにも会場

自動車 ビジネス 国内マーケット

東京オートサロン2014 with NAPACの会場風景
  • 東京オートサロン2014 with NAPACの会場風景
  • 東京オートサロン2014 with NAPACの会場風景
  • 東京オートサロン2014 with NAPACの会場風景
東京オートサロン事務局は、1月9~11日に幕張メッセで開催する「東京オートサロン2015 with NAPAC」のブース総数が最終的に4163小間となり、過去最大になると発表した。

今回の開催では、前回同様幕張メッセ国際展示場ホール1~11、幕張イベントホール、屋外展示場に加え、国際会議場を新たに展示スペースとして使用する。ブースは4163小間と前回の3880小間を7%上回り、オートサロン史上最大展示面積での開催となる。

東京オートサロンでは、地域社会への貢献を目的に、今回は千葉市立海浜打瀬小学校5年生128人を、校外学習の一環として「理想の自動車を考える」をテーマに招待する。

また、隣接するイオンモール幕張新都心店内にはサテライト会場を設け、カスタムカー展示や東京オートサロンイメージガール「A-class」がパフォーマンスを行うなど、地域との調和を図る取り組みを行う。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集