【まとめ】世界に先駆けた水素エネルギー車、発進…トヨタ MIRAI

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ MIRAI
  • トヨタ MIRAI
  • トヨタ MIRAI(ミライ)
  • トヨタ MIRAI
  • トヨタ MIRAI
  • トヨタ MIRAI
  • トヨタ・MIRAI
  • トヨタ・MIRAI
  • トヨタ MIRAI(ミライ)
トヨタ自動車は12月15日、燃料電池車『MIRAI』を発売した。世界に先駆けての市場導入となる。燃料電池車(FCV)は、内蔵する「FCスタック」により水素と酸素を化学反応させ、電気を取り出し、モーターを駆動。排出するのは“水”である。

MIRAIは水素燃料の満充填で650kmの走行が可能。充填は約3分で完了と、ガソリンの給油とほとんど変わらない。また、モーターの最高出力も114kW(155ps)と、ガソリン車とそん色ないパワーを発揮する。

究極のエコカーと言われるFCVだが、水素ステーションなどの大規模インフラ整備や、現在は水素を作り出すために結局化石燃料が必要だったりと、重い課題を抱えているのも現実だ。


◆世界に先駆けて発進したMIRAI

トヨタの新型燃料電池自動車、車名は「MIRAI」…公式発表

【トヨタ MIRAI 発表】燃料電池車、723万6000円で12月15日より発売…航続距離650km

【トヨタ MIRAI 発表】燃料電池車として初の型式指定取得…大量生産、輸出も可能に

【トヨタ MIRAI 発表】米国では加州で2015年秋に発売…リース料は月々6万円

【トヨタ MIRAI 発表】前川副社長、国内向けは官公庁など200台受注

【トヨタ MIRAI 発表】加藤副社長「米国は17年末まで3000台以上」

【トヨタ MIRAI 発表】FCVは採算割れ? 加藤副社長「もっと手頃な価格へと努力する」

【トヨタ MIRAI 発表】加藤副社長「ミライという言葉に誇りを持ち世界へ」

【新聞ウォッチ】トヨタの燃料電池車、課題を背負って”愚直”に発車「ミライ」

【トヨタ MIRAI 発表】FCVの主要部品をすべて内製化した狙い

【トヨタ MIRAI 発表】加藤副社長、水素インフラ「トヨタはやらない。餅は餅屋に任せる」

2015年は水素元年? ホンダとトヨタが1日違いでFCV発表…想いの一致と微妙な違い

【トヨタ MIRAI 発表】豊田自動織機、世界初6葉ヘリカルルーツ式エアーコンプレッサーなど供給

【トヨタ MIRAI 発表】水素ステーション検索できるナビは、ディーラーオプション

水素タンクが炎に包まれたら? 気になるFCVと「未知の燃料」の安全性

【トヨタ MIRAI 発表】16年度新設の水素ステーションだと航続距離は700kmに延びる

トヨタ豊田社長「MIRAI は未来へ1歩踏み出す決意」

【トヨタ MIRAI 発表】EVとは違う、加速感を味わえるよう音もつくり込み

【土井正己のMove the World】FCVが抱える未来と、PHV有利という現実


◆“未来”を表現するデザインの妙

【トヨタ MIRAI 発表】左右の大開口グリル…空気を吸い込むだけではない機能とは

【トヨタ MIRAI 発表】デザインコンセプトは奇をてらわず「知恵を形に」

【トヨタ MIRAI 発表】求められたのは変革…「クルマのインテリア」ではなく“空間”を作った

【トヨタ MIRAI 発表】“意気”を感じて現実化したインテリア

【トヨタ MIRAI 発表】イメージは「空気を吸って水を出す」

【トヨタ MIRAI 発表】「おでんのようなデザイン」を違和感なくかつ新鮮に


◆次世代エネルギー車の姿を写真と動画でチェック

【トヨタ MIRAI 発表】機能をカタチにした新世代デザインと走りを写真で見る[写真蔵]

【トヨタ MIRAI 発表】MIRAI の走りは“未来の走り”なのか[動画]


◆MIRAIは走りも“次世代”か

【トヨタ MIRAI 発表】未来に乗った…1年前の試作車から2割パワーアップ

【トヨタ MIRAI 試乗】ついに来た新時代、その走りは「じつに普通」…諸星陽一

【トヨタ MIRAI 試乗】快適性はレクサス以上、足りないのは「夢を見せる演出」…井元康一郎
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集