【トヨタ MIRAI 発表】16年度新設の水素ステーションだと航続距離は700kmに延びる

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ MIRAI の水素タンク
  • トヨタ MIRAI の水素タンク
  • トヨタ MIRAI のカットモデル
  • 水素燃料の充填口(トヨタ MIRAI)
  • トヨタ MIRAI
トヨタ自動車の燃料電池車『MIRAI(ミライ)』は、水素の満充てんからの航続距離がJC08モードによる社内測定で650kmとなっている。だが、国内では水素ステーションの規制見直しが実施されるため、2016年度には700km程度まで延びるという。

MIRAIには高圧水素タンクが2本搭載されており、合計の容量は122.4リットル。使用圧力(公称値)は70MPa(約700気圧)であり、現状では国内の水素ステーションの最高供給圧も同じだ。この条件で満充てんし、テストした航続距離が650kmとなる。

一方で16年度から設置・使用する水素ステーションについては、規制の見直しにより最大供給圧を82MPaに引き上げることが可能になる。これによって充てんできる水素量が増え、航続距離は700km程度まで延びるというわけだ。欧州では現状の認可圧が87.5MPaと高くなっているが、MIRAIの水素タンクは、そうした規制値にも適合している。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!?

    マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!?

  2. 【ニュル24時間 2016】ヒュンダイの高性能車ブランド「N」開発車両が参戦へ

    【ニュル24時間 2016】ヒュンダイの高性能車ブランド「N」開発車両が参戦へ

  3. ロールスロイス レイス ブラックバッジ 日本初公開…“エッジー”なユーザー捉える俊敏なロールス

    ロールスロイス レイス ブラックバッジ 日本初公開…“エッジー”なユーザー捉える俊敏なロールス

  4. ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

  5. アストンマーティン、ヴァンキッシュ ザガート 発表…600馬力

  6. 日産の欧州向け新型商用車、NV300 …表情見えた

  7. 「シルビア」後継モデル発売なるか!? ベンツ製エンジン搭載の噂

  8. アルファロメオ ジュリエッタ にお得な限定車…ベース車より10万円安

  9. メルセデス Sクラス、改良新型のインパネはこれだ!

  10. ホンダ NSX 新型、米工場で量産開始…第一号車を引き渡し

アクセスランキングをもっと見る