箱根ターンパイクで GT-R が200km/hオーバーからのドリフト[動画]

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

東洋ゴムが公開した動画「Drift on Hakone Turnpike」スクリーンショット
  • 東洋ゴムが公開した動画「Drift on Hakone Turnpike」スクリーンショット
  • 東洋ゴムが公開した動画「Drift on Hakone Turnpike」スクリーンショット
  • 東洋ゴムが公開した動画「Drift on Hakone Turnpike」スクリーンショット
  • 東洋ゴムが公開した動画「Drift on Hakone Turnpike」スクリーンショット
  • 東洋ゴムが公開した動画「Drift on Hakone Turnpike」スクリーンショット
箱根ターンパイクを、白煙を上げながら200km/hオーバーの速度で『GT-R』がドリフトする…そんな迫力の映像が、東洋ゴムから届いた。

11月18日に開催された、自動車雑誌『モーターヘッド』主催によるヒルクライムイベント、「MHヒルクライム」。箱根ターンパイクを全線封鎖しておこなわれたこの大規模なイベントに、D1で活躍する「Team TOYO TIRES DRIFT」川畑真人選手が参加、この日のためだけに用意されたゼッケンを付け「GReddy 35RX Spec-D」による全開走行がおこなわれた。

国土交通省の認可のもと、一切の道路交通法適用外となる高速ワインディングに変身したターンパイクだが、普段は生活の足や観光で使われる自動車道。もちろんサーキットのようなエスケープゾーンはない。そんな中、川畑選手は一切臆することなく最高到達速度215km/hという超ハイスピードから豪快なドリフトを連発。待機していたスタッフも度肝を抜かれたという。

東洋ゴムは、この迫力のヒルクライムの様子を様々な角度からGoProで撮影、「Drift on Hakone Turnpike」と題した3分超の動画に仕上げた。緑の中を、ひとすじの白煙が弧を描きながら長く伸びて行く、力強くも美しいこの映像は動画サイトYoutubeで見ることができる。


《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集