【デトロイトモーターショー15】アウディ の最上級SUV、Q7 が新型に…最大325kgの軽量化

自動車 ニューモデル 新型車

新型 アウディ Q7
  • 新型 アウディ Q7
  • 新型 アウディ Q7
  • 新型 アウディ Q7
  • 新型 アウディ Q7
  • 新型 アウディ Q7
  • 新型 アウディ Q7
  • 新型 アウディ Q7
  • 新型 アウディ Q7
ドイツの高級車メーカー、アウディは12月12日、新型『Q7』の概要を明らかにした。実車は2015年1月、米国で開催されるデトロイトモーターショー15で初公開される。

Q7はアウディのSUV、「Qシリーズ」の最初のモデルとして、2005年秋、フランクフルトモーターショー05で発表。デビューから9年を経て、アウディの最上級SUVが2世代目に進化を果たす。

新型の特徴は、先代比で最大325kgもの軽量化(最も軽いグレードで1995kg)や、重心高の引き下げ、先代比でボディサイズを小型化しながら、クラス最大級の室内空間を備え、燃費も26%向上させている点など。フロントマスクには、アウディの最新デザイン言語を反映させた。

新型のボディサイズは、先代比で全長が37mm短く、全幅は15mm狭い。全高は変わっていない。それでいて、室内空間は、先代に対して、1列目と2列目の間が21mm拡大。頭上空間のゆとりも、1列目が41mm、2列目が23mm増えている。

欧州仕様のエンジンは、当初はガソリンとディーゼルのそれぞれ2ユニット。中でも、「3.0TFSI」は、直噴3.0リットルV型6気筒スーパーチャージャーを搭載。最大出力333hp、最大トルク44.9kgmを引き出す。0-100km/h加速は6.1秒、最高速は250km/h(リミッター作動)と公表されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集