【シトロエン C4ピカソ 試乗】ショートホイールベースが生む運動性能の高さ…諸星陽一

試乗記 輸入車
【シトロエン C4ピカソ 試乗】ショートホイールベースが生む運動性能の高さ…諸星陽一
  • 【シトロエン C4ピカソ 試乗】ショートホイールベースが生む運動性能の高さ…諸星陽一
  • 【シトロエン C4ピカソ 試乗】ショートホイールベースが生む運動性能の高さ…諸星陽一
  • 【シトロエン C4ピカソ 試乗】ショートホイールベースが生む運動性能の高さ…諸星陽一
シトロエン『C4ピカソ』がフルモデルチェンジ。C4ピカソとして2代目、クサラピカソから数えると3代目にあたる。

先代モデル同様に「グランドピカソ」が存在。このピカソはグランドピカソに比べて、ホイールベースが55mm、全長が160mm短く、シートも2列配置となる。当然車重も軽くなり、-70kgとなっている。

搭載されるエンジンは例の1.6リットル4気筒ターボで、最高出力は165馬力。ターボ過給エンジンとは思えないピックアップのよさをもちながら、ターボエンジンらしいトルクフルな特性を持つ。つまり、メリットは生かされデメリットは隠されている。グループとしてエンジンの数を減らし、搭載するクルマの特性に合わせてエンジンのチューニングを変えるという手法は意外なほどうまくいっている。ひとつのエンジンに対して行われている作り込みの深さも感じられる。

ハンドリングはショートホイールベースを感じるキビキビ感のあるもの。だかといってけっして乗り心地が悪いわけではなく、しっとりとした乗り心地を確保している。新しく採用されたEMP2と呼ばれる新開発プラットフォームがクルマの動きを上手に受け止めているのだろう。

全長が短いピカソは、グランドピカソとリヤドア以後のサイドビューのデザインがまるで異なる。とくにリヤハッチは傾斜角が大きいデザインで、スポーティな印象を与えている。このエクステリアから感じられるイメージをしっかりと走りにも活かしているところがオーナーを満足させてくれる部分だろう。いざというときに少しでも人が乗れるようにという日本のミニバン的な考えとは異なり、そんなに乗らないのだからかっこいいほうがいい…という割り切った考え方にも好感が持てる。

パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★


諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活躍中。趣味は料理。
《諸星陽一》

編集部おすすめのニュース

  • 【シトロエン C4ピカソ 試乗】小気味よく生活臭のないMPV…島崎七生人 画像 【シトロエン C4ピカソ 試乗】小気味よく生活臭のないMPV…島崎七生人
  • 【シトロエン C4ピカソ 新型発売】5シーターを日本初導入…347万円から 画像 【シトロエン C4ピカソ 新型発売】5シーターを日本初導入…347万円から
  • シトロエン、正規ディーラースタッフを対象に3つのコンテストを開催 画像 シトロエン、正規ディーラースタッフを対象に3つのコンテストを開催
  • 【WTCC 日本ラウンド】シトロエンのロペス選手、年間王者に決定[写真蔵] 画像 【WTCC 日本ラウンド】シトロエンのロペス選手、年間王者に決定[写真蔵]

特集