トヨタ、宇部興産共同開発の水素タンクライナー用ナイロン材料を「MIRAI」に採用

自動車 ビジネス 企業動向
MIRAIの高圧水素タンクの断面図
  • MIRAIの高圧水素タンクの断面図
  • MIRAIの高圧水素タンク
宇部興産は、トヨタ自動車と燃料電池自動車の水素タンクライナー用ナイロン材料「UBENYLON 1218IU」を共同開発したと発表した。

新開発材料を使った高圧水素タンクは、12月15日からトヨタ自動車が発売する燃料電池自動車『MIRAI(ミライ)』に搭載される。

新開発ナイロン材は、MIRAIに搭載される高圧水素タンク用樹脂ライナー材として厳しい規格に適合し、トヨタから認可された。ポリアミド(ナイロン)6樹脂としての水素透過防止性能を持ちながら、水素ガスの充填や放出などでタンク温度が急激に変化した場合の耐久性、極寒地域での耐衝撃性などについても優れた機械的性質を確保したとしている。

ナイロン6樹脂はプラスチックの中でも高い耐久性が特徴で、エンジンカバーやインテークマニホールドなど、自動車向けの様々な部材として採用されている。

宇部興産では、1959年からナイロン6樹脂の製造販売を開始し、現在、グローバルでの生産能力は14万8000トンと世界3位。今回開発した1218IUを、高圧水素タンクのライナー適用材料としてグローバルに供給する体制を整えていく方針。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース