【JNCC 最終戦】渡辺学、悲願のチャンピオン決定!

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2番手を快走する渡辺
  • 2番手を快走する渡辺
  • チャンピオンを決めた渡辺学
  • 1周目、僅差だった渡辺とJ・アッシュバーン
  • GNCCからの刺客、J・アッシュバーン
  • AAGPということもあって、キャンギャルも!
  • 漫画家きらたかしは新作『凸凹』のサイン会を実施
  • 紅葉の美しい爺ヶ岳
  • 675台であふれかえった会場
11月2日、長野県爺ヶ岳スキー場にてJNCCの最終戦であるAAGPが開催された。20周年を迎えるAAGPは、クロスカントリーシーンの1年を締めくくる大会として、毎年本場であるアメリカのGNCCからゲストライダーを招待。

今回は、GNCCの最高峰クラスXC1Proでランキング3位のジョーダン・アッシュバーンを招致した。また、ハスクバーナジャパンではオーストラリアのトップランカーであるカイ・アンダーソンを招致するなど開催前から盛り上がりを見せた。

エントリーは675台。AAGPとしては過去最大規模となり、会場は前日の土曜から超満員。レースは最終戦まで持ち越されたシリーズチャンピオンの座を争い、鈴木健二と渡辺学、そしてそれを引っかき回す外人勢に注目が集まった。ホールショットは、この大会から2ストマシンのKTM 250EXCに乗り換えた矢野和都。しかし、ファーストラップはアッシュバーン、渡辺学のツートップで展開する。

アッシュバーンのスピードと耐久力は圧倒的で、序盤から渡辺を引き離し、縦に長いレースへと変化。鈴木、渡辺は勝った方がチャンピオンという僅差であったが、鈴木の調子が乗らずに後半には矢野が3番手、鈴木が4番手という遅れをとってしまう。

結果、アッシュバーンは渡辺以外を周回遅れにし、圧倒差での1位。渡辺は単独2位で悲願のチャンピオンを決めた。 
《稲垣 正倫》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集