レーシングコースが舞台のマラソン大会、参加者募集中…1月11日 富士

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

スーパーマラソングランプリ with イイコトチャレンジ
  • スーパーマラソングランプリ with イイコトチャレンジ
  • スーパーマラソングランプリ with イイコトチャレンジ
  • スーパーマラソングランプリ with イイコトチャレンジ
  • スーパーマラソングランプリ with イイコトチャレンジ
  • スーパーマラソングランプリ with イイコトチャレンジ
  • スーパーマラソングランプリ with イイコトチャレンジ
  • スーパーマラソングランプリ with イイコトチャレンジ
  • スーパーマラソングランプリ with イイコトチャレンジ
富士スピードウェイは、2015年1月11日に、「スーパーママチャリグランプリ」の姉妹イベントとして開催する、「第2回スーパーマラソングランプリ with イイコトチャレンジ」の参加者を、12月3日まで受け付けている。

同大会は、国際レーシングコース(4563m)を舞台に、フルマラソンの個人戦と5時間で競う団体戦に分かれて競う。個人戦は、年齢、性別によって6クラスを開催。団体戦は、子どもと保護者が伴走して競う「Baby」、男女2人1組のペアが二人三脚で競う「ラブラブ」、足首をロープで繋ぎ4人が一体となって競う「ムカデ」、3~9人の走者が交代しながら走る「GT」の5クラスを用意する。また、今回からGTクラスと、スーパーママチャリグランプリ(1月10日開催)の総合順位で競う「鉄人クラス」を新設した。

大会当日は、コーンスープの無料サービスをはじめ、暖房を完備した休憩室や更衣室も利用できる。

参加料は個人戦が6000円、団体戦はBabyが5000円、ラブラブが8000円(いずれも1組)など。申込は、大会エントリーサービスサイト「RUNTES」にて受け付けている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集