日本EVフェスティバル、11月3日に筑波で開催…改造EVと最新メーカーEVが集合

エコカー EV

日本EVクラブは、市民自らが企画、運営するEVの祭典「日本EVフェスティバル」を11月3日、筑波サーキット・コース2000で開催する。

日本EVフェスティバルは、改造EVの展示・走行や、自動車メーカーのエコカー試乗会などを開催する市民によるEVの祭典。EVにふれ、楽しみながら21世紀のモータリゼーションを考える機会を提供する。

今年も「Reducing CO2」をテーマに、手作りEVによる、コンバートEV1時間ディスタンスチャレンジ、ERK30分ディスタンスチャレンジ、何でもEV展示&デモンストレーションを開催。また、20周年企画として何でも0-200mタイムトライアルや、全参加EVによるパレード走行も行う。

エコカー試乗会では、BMW『i3』やVW『e-up!』、テスラ『モデルS』など、各メーカーのEV、ハイブリッド車などを多数用意。そのほか、企業による環境EXPO(展示)、来場者全員が参加できる「CO2排出量診断」など、自動車・環境エネルギー問題・地球温暖化について考える機会を設ける。

なお当日のメインスタンドへの入場は無料。パドック&ピット入場料は大人2000円、小・中学生1000円、小学生未満は無料。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集