東海道線、10月16日から運転再開…当初計画より前倒し

鉄道 企業動向

JR東海は10月14日、台風18号の影響による土砂流入で6日から運転を見合わせている東海道本線の由比~興津間(静岡県清水区)を、16日の始発から通常ダイヤで再開すると発表した。

東海道本線由比~興津間は、台風18号の影響により線路内に長さ約40mにわたって土砂が流入。JR東海は被災箇所の復旧を急いでおり、当初は20日にも仮復旧するとの方針を示していたが、予定よりも早く運転が再開されることになった。

16日は始発から通常ダイヤで運転を再開。運休していた特急『ワイドビューふじかわ』も全列車の運転を再開する。寝台特急『サンライズ瀬戸・出雲』は16日の始発となる列車から上下とも運転を再開する。『ワイドビューふじかわ』の特急券など、これまで発売を中止していた乗車券類は、15日10時から発売を開始するという。

同区間の運転再開に伴い、蒲原~興津間で運転している代行バスと東海道新幹線による新富士~静岡間の代替輸送、また同線と新幹線を連絡する富士~新富士間のシャトルバス運行は15日で終了する。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集