トヨタ、HV車の累計販売台数700万台突破…600万台から約9か月で達成

自動車 ビジネス 企業動向

レクサス NX300h
  • レクサス NX300h
  • トヨタ・ヴォクシー ハイブリッド V
  • トヨタ プリウス
  • レクサス・RC300h
トヨタ自動車は10月14日、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が、2014年9月末までに705万台となり、700万台を突破したと発表した。

トヨタは、1997年8月に日本で『コースターハイブリッドEV』を、同年12月に世界初の量産ハイブリッド乗用車『プリウス』を発売。ハイブリッド車のグローバル累計販売台数は2013年12月末に600万台を突破、それから約9か月で累計販売台数700万台を達成した。

2014年9月末現在、トヨタは、ハイブリッド乗用車27モデル、プラグインハイブリッド車1モデルを、合わせて90以上の国・地域で販売。1月より発売した『ヴォクシー』『ノア』のハイブリッド車や、7月より発売したレクサス『NX300h』、10月下旬発売予定のレクサス『RC300h』などを含め、2014年、15年の2年間でグローバルで新型ハイブリッド車を15モデル投入する予定で、引き続きラインナップの拡充、販売地域の拡大に努めていく。

なお、2014年9月末までに販売したハイブリッド車のCO2排出抑制効果は、車両サイズおよび動力性能が同等クラスのガソリンエンジン車のCO2排出量と比較し、約4900万トンに上るとトヨタでは試算しており、CO2の削減に寄与したと考えている。また、ガソリン消費抑制量は、同等クラスのガソリンエンジン車のガソリン消費量と比較し、約1800万キロリットルの効果があったと試算している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集