【RISCON14】ホンダ、発電機、除雪機など防災関連機器を出展

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ・ユキオスSB800(ブレード指揮除雪機)
  • ホンダ・ユキオスSB800(ブレード指揮除雪機)
  • ホンダ・EU55is(正弦波インバーター搭載発電機・市販モデル)
  • ホンダ・EP900(スタンダード発電機)
  • ホンダ・EU15iGP(防災向け低圧LPガス発電機)
  • ホンダ・EU16i(正弦波インバーター搭載発電機・市販モデル)
  • ホンダ・EU26i(正弦波インバーター搭載発電機・市販モデル)
  • ホンダ・EU28is(正弦波インバーター搭載発電機・市販モデル)
  • ホンダ・EU9i(正弦波インバーター搭載発電機・市販モデル)
ホンダは、10月15日から17日まで東京ビッグサイトで開催される「危機管理産業展(RISCON TOKYO)2014」に、防災関連機器として最新の発電機、除雪機などを出展する。

ホンダブースでは、「災害時に役立つHonda汎用製品」をテーマに、さまざまな屋外作業時や非常時の高品質電源として好評を得ている正弦波インバーターを搭載した最新モデル「EU55is」をはじめとする発電機シリーズや、最新モデルである充電式の電動ブレード除雪機「ユキオスe」などを出展。また、ブース内では早朝や住宅街の除雪に役立つユキオスeの実演も実施する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集