危機管理産業展 RISCONに関するニュースまとめ一覧

【危機管理産業展2021】現場へ急げ! 待ってる人がいる[フォトレポート] 画像
自動車 ニューモデル

【危機管理産業展2021】現場へ急げ! 待ってる人がいる[フォトレポート]

『危機管理』をテーマにした国内最大級の総合トレードショー、「危機管理産業展(RISCON TOKYO)」が10月20~22日の3日間、東京臨海都心の東京ビッグサイト青海展示棟で開催された。主催は東京ビッグサイト、300社がのべ450小間に出展する規模となった。

「防災車両の敷居を下げる」ヤマハの悪路対応『トリシティ』と洪水救難艇がめざすもの…危機管理産業展2021 画像
モーターサイクル

「防災車両の敷居を下げる」ヤマハの悪路対応『トリシティ』と洪水救難艇がめざすもの…危機管理産業展2021

ヤマハ発動機は10月20日に東京ビッグサイトで開幕した「危機管理産業展2021」で悪路対応防災コミューターおよび洪水救難艇のコンセプトモデルを初公開した。

モリタ、電動資機材搬送車や簡易型止水板など展示…危機管理産業展2021 画像
モータースポーツ/エンタメ

モリタ、電動資機材搬送車や簡易型止水板など展示…危機管理産業展2021

モリタは、10月20日から22日に、東京ビッグサイトで開催される「危機管理産業展(RISCON TOKYO)2021」に、土砂災害・水害・被災者生活支援に関わる製品を展示する。

ラフロード版『トリシティ』で「遊んで 備える」…ヤマハが提案する自主・地区防災 画像
モーターサイクル

ラフロード版『トリシティ』で「遊んで 備える」…ヤマハが提案する自主・地区防災

ヤマハ発動機とヤマハモーターパワープロダクツ、ヤマハモーターエンジニアリングは、10月20日から22日まで東京ビッグサイトで開催される防災見本市「危機管理産業展(RISCON TOKYO)2021」に共同出展する。

【危機管理産業展2020】道なき道を行く…リスクに備えよ[フォトレポート] 画像
自動車 ビジネス

【危機管理産業展2020】道なき道を行く…リスクに備えよ[フォトレポート]

車輪とクローラーを交換できる小型多目的用途車、6輪駆動の折り畳み式電動資機材搬送車、車両水没防止カバー、非常時の燃料配送システム、移動式燃料ポンプ……。

消防車のモリタが「水を制す」…危機管理産業展2020、9年ぶり出展予定 画像
自動車 テクノロジー

消防車のモリタが「水を制す」…危機管理産業展2020、9年ぶり出展予定

モリタは、10月21日から23日に東京ビッグサイトにて開催される「危機管理産業展2020」に出展。開幕に先駆け、出展製品11点の詳細を掲載した特設サイトを公開した。

9000万円の浄水車、防衛省が展示…危機管理産業展2019 画像
自動車 ニューモデル

9000万円の浄水車、防衛省が展示…危機管理産業展2019

「危機管理産業展」には毎回、災害時に活躍する特殊車両が数多く展示される。今回も10台ほどの車両が並び、普段見ることのできないものもあった。その中で来場者の注目を浴びた車両をいくつか紹介しよう。

ヤマハ、来場者の興味は目玉のコンセプト車両より別のものに…危機管理産業展2019 画像
自動車 ビジネス

ヤマハ、来場者の興味は目玉のコンセプト車両より別のものに…危機管理産業展2019

ヤマハ発動機のグループ企業、ヤマハモーターエンジニアリングとヤマハモーターパワープロダクツは共同で「危機管理産業展2019」に出展した。今回の目玉は参考出品した『トリシティ125』のコンセプト車両、災害救援活動向けに改良したものだ。

ヤマハ発動機のイチオシは発電機、2月発売予定…危機管理産業展2018 画像
モーターサイクル

ヤマハ発動機のイチオシは発電機、2月発売予定…危機管理産業展2018

「危機管理産業展」に毎回出展しているヤマハ発動機。今回も消防活動二輪車をはじめ、除雪機、発電機など多くの製品を展示した。そのなかで同社関係者が一押しで推薦した商品が2019年2月発売予定の発電機「EF1800 iS」だ。

東京消防庁のVR災害体験車に来場者青ざめる…危機管理産業展2018 画像
自動車 社会

東京消防庁のVR災害体験車に来場者青ざめる…危機管理産業展2018

防災関連の製品などを集めた「危機管理産業展2018」で来場者に人気があったものがあった。それは東京消防庁が展示したVR災害体験車だ。日本にはこれ1台しかなく、その体験整理券をもらうために多くの来場者が集まっていた。

【危機管理産業展2017】熊本地震でも被害なし、新たな発泡スチロール製住宅をアピール…ジャパンドームハウス 画像
自動車 テクノロジー

【危機管理産業展2017】熊本地震でも被害なし、新たな発泡スチロール製住宅をアピール…ジャパンドームハウス

発泡スチロールを聞くと、軽くて、壊れやすいというイメージが強い。そんな素材を住宅に活用したのがジャパンドームハウス(本社・石川県加賀市)だ。しかし、その発泡スチロールは耐久性の高い特殊なもので、2016年4月の熊本地震にも耐え抜いた。

【危機管理産業展2017】ブラザー、ワゴン型燃料電池システムを参考出品…カセットボンベで稼働 画像
自動車 ビジネス

【危機管理産業展2017】ブラザー、ワゴン型燃料電池システムを参考出品…カセットボンベで稼働

ミシンやプリンターでおなじみのブラザーが全く畑違いの製品を参考出品した。それはキャスターがついたワゴン型燃料電池システムで、屋内でも利用でき、カセットボンベをセットするだけで簡単に発電することができる。

【危機管理産業展2017】浜松のバイクシートメーカー、救助用ゴムボートを展示…穴があいても沈まない 画像
自動車 ビジネス

【危機管理産業展2017】浜松のバイクシートメーカー、救助用ゴムボートを展示…穴があいても沈まない

静岡県浜松市に本社を構える浜口ウレタンは「危機管理産業展2017」(10月11~13日、東京ビッグサイト)に救助用ゴムボートを展示した。製品名は「ウレタン注入ボート」で、外皮のゴムに穴があいても沈まないそうだ。

【危機管理産業展16】振動に強く確実に録画---電車内の防犯カメラ 画像
鉄道

【危機管理産業展16】振動に強く確実に録画---電車内の防犯カメラ

かねてから電車内の防犯対策は、課題となっていたが、2015年6月に東海道新幹線の車内で男性が焼身自殺をはかった事件を契機に、列車の車両内に監視カメラを設置するといった動きが一気に加速した。

【危機管理産業展16】クラレ、自社開発の折りたたみテントを披露…30秒で設置完了 画像
エンターテインメント

【危機管理産業展16】クラレ、自社開発の折りたたみテントを披露…30秒で設置完了

避難所などで見かける大型のテント。それを組み立てるとなると、非常に苦労することもある。ところが、クラレが開発したテントなら、4人いればたったの30秒で設置することができるのだ。

    1 2 3 4 5 > 次
Page 1 of 5