ANA、オラクルの高速データベースマシンなど採用…国内線の乗客向けメール配信システム構築

航空 企業動向

日本オラクルは、全日本空輸(ANA)がオラクルの高速データベース・マシン「エクサデータ・データベース・マシーン」と、リアルタイム・データ統合製品「ゴールデンゲート」を採用、ANAの国内路線の乗客を対象とした新メール配信システムを構築、運用開始したと発表した。

ANA運航便の遅延や欠航などの突発的な変更が発生した際のメール配信先を、これまで提供してきた搭乗手続きを済ませた顧客から、予約保持顧客まで大幅に拡大するとともに、特別な案内を必要とする顧客に対しメールで通知することも可能となった。

ANAでは、メール配信システムが扱う大量の顧客データから配信対象の絞り込みを短時間で完了できることに加え、システム強化に伴う基幹業務系システムへの影響を極小化し、予約の処理量が増大する繁忙期や突発的な事象が発生した際、一時的に増大するデータの処理性能を確保できるシステムを構築するために導入した。

新メール配信システムを導入した結果、想定していたメール配信準備の作業を大幅に短縮し、運航の遅延や欠航などの突発的な変更が発生した際にも、搭乗予定の顧客に対しメール配信が可能となった。また、繁忙期や割引キャンペーンの時期など、ピーク時も、基幹システムに影響を及ぼすことなく問題なく動作していることを確認した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集