【パリモーターショー14】アウディ A6 、改良新型を初公開…23.8km/リットルの低燃費

自動車 ニューモデル モーターショー

アウディ A6 改良新型(パリモーターショー14)
  • アウディ A6 改良新型(パリモーターショー14)
  • アウディ A6 改良新型(パリモーターショー14)
  • アウディ A6 改良新型(パリモーターショー14)
  • アウディ A6 改良新型(パリモーターショー14)
  • アウディ A6 改良新型(パリモーターショー14)
  • アウディ A6 の大幅改良モデル
  • アウディ A6 の大幅改良モデル
  • アウディ A6 の大幅改良モデル
ドイツの高級車メーカー、アウディは10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー14において、改良新型『A6』を初公開した。

現行A6は4世代目モデルとして、2011年1月、デトロイトモーターショー11で初公開。先代に対して、プレミアム度をさらに引き上げ、BMW『5シリーズ』やメルセデスベンツ『Eクラス』などのライバルに対抗した。

今回、現行型のデビューから3年半が経過して、初の大幅改良を実施。内外装からエンジンに至るまで、商品力を引き上げる改良が、セダンとワゴンの『A6アバント』に施されている。

外観は、グリル、ヘッドライト、バンパー、サイドシル、テールランプ、マフラーなどのデザインを変更。イメージチェンジが図られた。ヘッドライトにはオプションで、ダイナミックウインカー機能付きマトリックスLEDが用意される。

内装は、素材や色を見直し、クオリティのさらなる向上を追求。前席には、オプションで換気機能とマッサージ機能を採用。ナビゲーションシステムを核とした「MMI」も、最新版にアップデートする。

欧州向けのエンジンは、ガソリンとディーゼルの複数ユニット。中でも、直噴2.0リットル直列4気筒ターボディーゼル「TDI」の「ウルトラ」仕様では、欧州複合モード燃費23.8km/リットル、CO2排出量109g/kmの優れた環境性能を実現した。

パリモーターショー14のプレスカンファレンスには、アウディの営業&マーケティング担当、ルカ・ディ・メオ取締役が登壇。「新しいA6ウルトラは、トップセグメントにおける燃費チャンピオン。燃費とパフォーマンスを完璧に組み合わせた」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集