【パリモーターショー14】韓国 キア のベストセラー車、リオ に2015年型…競争力維持

自動車 ニューモデル モーターショー

キア リオ の2015年モデル(パリモーターショー14)
  • キア リオ の2015年モデル(パリモーターショー14)
  • キア リオ の2015年モデル(パリモーターショー14)
  • キア リオ の2015年モデル(パリモーターショー14)
  • キア リオ の2015年モデル(パリモーターショー14)
  • キア リオ の2015年モデル(パリモーターショー14)
  • キア リオ の2015年モデル
  • キア リオ の2015年モデル
  • キア リオ の2015年モデル
韓国キアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー14において、『リオ』の2015年モデルを初公開した。

リオは、キアの最量販車であり、グローバル主力コンパクトカー。2013年は、全世界で年間およそ47万1000台を販売した。欧州ではBセグメントに属し、2013年は年間5万6821台を販売。現行型は4世代目で、2011年にデビューした。

デビューから3年を経て登場したリオの2015年型では、内外装を中心に変更を実施。外観は、フロントバンパーやフォグランプをはじめ、キア独自の「タイガーノーズ」と呼ばれるフロントグリルを、最新版に変更し、表情を一新。15、16、17インチと3種類のアルミホイールも新デザインとした。

室内は、ダッシュボード中央のオーディオを、デザイン変更。クロームのアクセントも追加した。オプションのナビゲーションは、機能性を向上。モニターも7インチの最新版にアップデートする。

欧州向けのエンジンは、最大出力75psから109psまで、4種類。FF駆動で、トランスミッションは6速MTまたは4速ATを組み合わせる。2世代目のアイドリングストップも、オプションで選択可能。欧州では2015年初頭、販売を開始する予定で、生産は、韓国で行われる。

キアモーターズは、「キアのグローバルベストセラー車が、競争力を維持するために、内容を充実させた」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集