【メルセデスベンツ Cクラスワゴン 新型発表】空力への探求がエクステリアデザインを形作った

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ・Cクラスステーションワゴン
  • メルセデスベンツ・Cクラスステーションワゴン
  • メルセデスベンツ・Cクラスステーションワゴン
  • メルセデスベンツ・Cクラスステーションワゴン
  • メルセデスベンツ・Cクラスステーションワゴン
  • メルセデスベンツ・Cクラスステーションワゴン
  • メルセデスベンツ・Cクラスステーションワゴン
  • メルセデスベンツ・Cクラスステーションワゴン
  • メルセデスベンツ・Cクラスステーションワゴン
メルセデス・ベンツ日本から発売が開始された、新型『Cクラスステーションワゴン』は、空力を意識したデザインになっているという。

同社マーケティング部の亀岡徹さんは、個人的に感じることと前置きしたうえで、「最近のメルセデスベンツのデザインは空力と密接に絡んでいるなと感じている。空力を良くすればするほど、きれいなデザインにつながっていくということが、いまのメルセデスデザインの兆候なのかなと思う」と述べる。

Cクラスワゴンでの具体例として、「バックドアウインドウの左右にある黒のカバーがある。バックドアウインドウのサイドをぐっと絞り込ませて、この黒のカバーを付けることで、空力が相当上がっている」と説明する。

また、「サイドから流れてくるラインも後ろから見ると相当絞り込まれている。これは空力だけではなく、全体のプロポーションをぼてっと長く見せるのではなく、よりシャープに見えるような工夫をしていると思う」と話す。

更に、「サイドウインドウグラフィックも、『CLSクーペ』や『シューティングブレイク』にも通じるようなきれいな形をしている」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集