【パリモーターショー14】インフィニティ QX70 に Sデザイン…全身ダーククローム仕上げ

自動車 ニューモデル 新型車

インフィニティ QX70 Sデザイン(パリモーターショー14)
  • インフィニティ QX70 Sデザイン(パリモーターショー14)
  • インフィニティ QX70 Sデザイン(パリモーターショー14)
  • インフィニティ QX70 Sデザイン(パリモーターショー14)
  • インフィニティQX70 Sデザイン
  • インフィニティQX70 Sデザイン
  • インフィニティQX70 Sデザイン
  • インフィニティQX70 Sデザイン
日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティは10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー14において、『QX70 Sデザイン』を初公開した。

インフィニティは2012年12月、2014年モデル以降の全商品ラインアップに適用する新ネーミング戦略の詳細を発表。全車が「Q」を冠した車名を導入した。これに伴い、最上級クロスオーバー車の『FX』は、『QX70』に車名を変更している。

パリモーターショー14で初公開されたQX70 Sデザインは、QX70の欧州向け新グレード。「ダーククローム」をテーマに掲げ、グリル、フォグランプ周り、サイドシル、リアのナンバープレート周りなどを、ダーククローム仕上げとした。

ヘッドライトは、スモーク仕上げ。21インチの6本スポークアルミホイールは、ブラックで塗装。ルーフレールとドアミラーもブラックでコーディネートする。室内は、センターコンソールをブラックラッカーで仕上げた。シート、ステアリングホイール、アームレスト、ドアトリムには、紫のステッチが添えられた。

QX70 Sデザインはパリモーターショー14で初公開された後、西欧の一部市場で発売。インフィニティは、「2014年、さらなる販売増を目指す」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集